ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

CFGはメジャーコード THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ 感想

前年9月から半年に及ぶシンデレラガールズ7thライブツアーが千秋楽を迎えました。今回は3chordと銘打ち Comical Pops、Funky Dancing、Glowing Rockと方向性の違う3公演を行ったわけですが、本当にデレマスの楽曲というのは多彩というか、こんな魅せ方が出来るようになったんだなと深く感じる一年でした。思えば前回の6thもリミックス曲中心のものや春夏秋冬の遊園地というコンセプトでライブを行っており、デレマスのライブの方向性というものが明確になってきたんではないでしょうか。今後も特定のコンセプトのもと、様々な角度から楽曲に光を当て、新鮮さを感じさせるライブを行ってくれると期待しています。

また今年度はデレステコラボイヤーの名の下、ゆず、DJ KOO from TRFT.M.RevolutionX JAPANの楽曲を混ぜ込んできました。デレマス単独でもたくさん楽曲があるのになぜカバー曲を行うのかと不思議に思うところですが、むしろデレマスのライブコンセプトがしっかりしてきたからこそ、カバー曲を行っても原曲のイメージに引っ張られることなく、デレマスのライブっぽいと思わせられるようになったということかもしれません。こういうところからもコンテンツとしての成熟を感じられるのではないでしょうか。また、CFGというメジャーコードの隠喩から、デレマスもいよいよ自らをメジャーだと名乗る決心をしたと邪推するのも楽しいかもしれません。

今回のライブツアーを振り返ると、千秋楽の衝撃が本当に大きすぎるのですが、どの会場も非常に楽しかったと言い切れます。本当に、本当に楽しかった…。本当に……。また生バンド呼んでくれ頼む…たまにでもいいから……もっとシンガロングさせてくれ……ていうか跳ばせてくれ……頼む……。

以下適当に
  • 『comic cosmic』、『ミラーボール・ラブ』、『Unlock Starbeat』といった楽曲や揃いの共通衣装など、コンセプトを体現する小道具がバッチリ決まってたのも印象的でしたね。『Unlock Starbeat』でドセンにさっつんが立ってるのを見ただけで我の目にも涙でした。
  • 『O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!』のmiroirや『Fascinate』のvelvet rose、数年ぶりに新規追加されたアイドルながらいきなりボイスと楽曲を持って登場という、緊張半端なかっただろうなと思われる二組も素晴らしいパフォーマンスを見せてくれましたね。個人的には颯は好きなタイプなので見守っていましたが、4人共緊張感を感じさせながらもしっかりと魅力を見せてくれたと思います。
  • 『秘密のトワレ』や『クレイジー・クレイジー』、『夢幻ノ救憐唱』に共通曲の『True Colors』も、非常にライティングが素晴らしかった。6thくらいから光の使い方が印象的になってきた気がするんだよな…素晴らしいことです。
  • 『Gossip Club』、『Secret Day Break』、『Gaze and Gaze』とサプライズ曲とユニットが用意されていたのも特徴的でしたね。大阪は無いと見せかけてからの登場だったので衝撃もさらなりといった感じでした。
  • 『夢をのぞいたら』、『Sun! High! Gold!』の総選挙楽曲とゲストアイドルも初々しくてよかったですね。特にみんなまとっている雰囲気のようなものがアイドルさんと似通っていて、歌って踊られると急に実在性というものが上がったような気がします。
  • 『キミのそばでずっと』を歌う天野聡美と森下来奈は本当にヤバヤバでしたね…。完全に二人の世界だったし、その後のミス・フォーチュン楽曲にシームレスに繋がっているなと思います。いやしかし凄い…。
  • 天野聡美はソロ曲『谷の底で咲く花は』も大変素晴らしく、小さなセンターステージに一人っきりで歌う姿というのは過去の震えながら『in fact』を歌う佐藤亜美菜を思い起こさせ、デレマス内の歴史と継承というものを感じずにはいられませんでした。いやあ、いいものを見ました。
  • 『さよならアンドロメダ』の柱に歌詞を映す演出天才でしたね…ちゃんとボーナスはもらえただろうか……。
  • 『サニードロップ』は想像の中の『サニードロップ』そのままで完璧だったし、6分間というデレマス楽曲最長の『もりのくにから』をたった一人で表現しきってみせた高橋花林めちゃくちゃ天才の仕事だった。
  • 『クレイジー・クレイジー』→『バベル』→一日挟んで『Hotel Moonside』→『クレイジー・クレイジー』という流れが最高に最低だった。LiPPSただれてるわ。
  • 担当の楽曲『Needle Light』、コールが入って初めて完成する楽曲なので、ナゴヤドームというたくさんの同僚と一緒に作り上げることが出来て本当に良かったです。
  • 生バンド最高なので大阪の楽曲はどれも最高だし優勝です。サンキューロック。
  • そして生バンドなら必ずあるはずのアコースティックタイムを完全に失念してて「ああー! ああー、いや、あるよね……!!」って勝手になってた。どのアレンジも素晴らしかったんだけど、私の歌を聞けと全力でぶつかりに来てた渕上舞の『薄荷』と、完全にこちらを溺れさせるように歌われた牧野由依の『エヴリデイドリーム』は本当に出色の出来でしたね…。Masque:Radeのツートップはさすがでした。
  • 『アンデッド・ダンスロック』なにも文句はないんだけど頼むから、頼むから2DリッチMV再現して噛み付いてくれ…頼む……。それだけが望みなんだ……。
  • 『Max Beat』のカメラワークめちゃくちゃかっこよくなかったですか? ボーナスもらっておいてほしい。『生存本能ヴァルキュリア』にvelvet roseぶち込んだ人にもあげてほしい。
  • ゆずは問答無用に楽しく、DJ KOOのリスペクト溢れるプレイに狂喜乱舞し、T.M.Revolutionの向かい風に笑い、そしてX JAPANの『紅』に、ひと言では到底言い表すことの出来ない感情に襲われる。それはきっと、あのとき歌っていた松田颯水の表情から感じたものと同じ、全力で叫び、溢れる歓喜を抑えられず、しかし油断すれば一気に泣き出してしまいそうな、そんな何か。この日のこの感情は、まだしばらくこの胸に残り続けることでしょう。
  • 「輝子ちゃんは決して万人受けするアイドルではない」という言葉は僕もそうだと思う。しかしそれでもいいというのがデレマスで、その積み重ねがこの光景に繋がったというのは、とても素晴らしく誇らしいものに感じられるのです。
  • の流れからの『True Colors』が最高なんだよな…。エモ。エモエモのエモ。激エモ。

以上、お疲れさまでした。次は9月だ!

知っているもので出来た愛ある知らないもの『十三機兵防衛圏』

僕たちは知っている。パンを咥えて「ちこくちこく」と走る少女を。死体のそばで目覚める記憶を失くした少年を。未知の生物と遭遇し心を交わす少女を。無限のループに閉じ込められる少年を。友と別れ、巨大な敵と戦うためにロボットに乗り込む少年を。

十三機兵防衛圏は、僕たちの知っているものでできている。怪獣、ロボット、ループ、時間跳躍、記憶喪失、未知との遭遇…。そのどれもが、いつかどこかで出会ったものばかりだ。しかしそれらが、こうも見事に折り重なったものは、見たことがないだろう。

この作品は、過去に存在したあらゆる作品やコンテンツに対する、愛のある返答だ。受け止め、消化し、信じられないほどの時間と情念をかけて生み出された怪作。これまでのすべてを肯定し、そして次世代へ繋げていく。そんなテーマとプレイ内容のシンクロが、さらにプレイ感を高めてくれたような作品だった。楽しい時間をありがとう!

以下適当に
  • 総プレイ時間は35時間くらい。崩壊編をストロングでやり直したりしてるからもうちょっと遊べるかも。
  • なっちゃん編を軸に進めてたからほぼ明るい雰囲気だったんだけど、トイレのシーンは怖かったわね…ホラーにも力入れすぎでしょ。
  • 冬坂編も他と毛色が違って完全に少女漫画で笑っちゃいました。一番好きなルートです。
  • 一番好きなキャラはBJ。好きなカップルはなっちゃんと三浦なんだけど、ベストは比治山沖野だろうね…いやこれには勝てないよね…。
  • 自由にルートを選べる割に、ロック機能で情報をコントロールしてるのがうまかったね。このロック機能が本当に効いてて、毎回新しく始める度にいい驚きを与えてくれました。何度「なるほどそういうことね全部理解したわ」と「俺はこの世界のことを何も分かっちゃいなかった…」を繰り返したことか。
  • 話を読みたいときは追想編ばっかりやっちゃうんだけど、崩壊編は崩壊編で始めたらなかなかやめ時がなくて楽しかったですね。好きな機兵は緒方機で、ディフェンスモードからのラッシュとデモリッシュブレードで猪突猛進脳筋プレイが楽しすぎた。
  • まだまだ把握してない要素多そうだから究明編をもうちょっと読み込みたいし、そもそも画面見ながら考察をぶつけ合いたいね。
  • 未プレイの人にはネタバレ見る前にぜひプレイして欲しい。物語がどうとか以前に謎を解いて読み進めていくゲーム体験自体が普通に楽しいので、ネタバレで理解した気になるのはもったいないよ。

そんな感じ。ともかくおすすめなので皆もやろう十三機兵防衛圏。

 

十三機兵防衛圏 - PS4

十三機兵防衛圏 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: アトラス
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: Video Game
 

 

 

新サクラ大戦

一周目をクリアしました。

全体的な感想としては、先の展開に期待はできるが、単体としてみると小粒で食い足りなかった、といったところでしょうか。

旧無印と2を楽しんだ身として、プレイしている間あー、サクラ大戦だなあと感じることは多々あって、ここから新しく世界を広げようというのは確かに感じられるんですが、それにしたってもうちょっとボリュームが欲しかったなというのが正直なところですね。プロローグだけで終わってしまったというか…。とりあえず各国華劇団のキャラが編入してくる2を早く出すべきだと思います。

以下適当に

  • 花組のキャラクターは良かったね。いい子だし、適度におかしいし、魅力的でした。
  • 戦闘はシンプルで良かったけど、終盤はとにかく回避無敵出して連撃叩き込むみたいな作業になってしまったかな。あと遠距離にはもうちょっとロックオンが欲しい。
  • 一章のシャオロンの行動がやっぱ何度考えてもありえんしほんとどうにかならなかったのか。あそこまでヘイト稼ぐ必要なかったよなあ。
  • 桜武がかわいくない…無限はかわいい。やっぱり丸みか。
  • やっぱ奇蹟の鐘なんだよなあ。
  • サントラ出して。そういうことじゃない。

そんな感じ。あとはゆるゆると時間のあるときに全員分のエンディングを見ようかなと思います。いくさちゃんとこいこい大戦は、まあ、おいおい。

 

新サクラ大戦 - PS4

新サクラ大戦 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: セガゲームス
  • 発売日: 2019/12/12
  • メディア: Video Game
 

 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪を見てきた

idolmaster.jp

両日ともLV。前橋の街なかは楽しそうだったようで少し残念ですが、まあ仕方ない。しかしころとんのしっぽは食べたかったな。

衣装は共通衣装4種ということでそこからしデレステらしかったですね。ショータイム・イリュージョンもなにげに初めて見る衣装でしたね。現実で見るとやはり紫が強烈ですわ。

曲構成はリアレンジやリミックスが多くて面白かったですね。周年ライブと差別化を図るという意味でいいチャレンジだったんじゃないでしょうか。デレステの曲とそれ以外という分け方は大変ですしね。『Nocturne』の完全に聞かせる方向のアレンジは素敵でした。

ソロ新曲の3曲はどれも印象的でした。『楽園』の会沢紗弥は一日目は途中で泣きそうになりながらもぐっと堪え、そして二日目はそんな一日目のことをおくびにも出さず歌い切りました。二日目がちょうど誕生日だったことといい、この2日で成長を見せてきた会沢さんの強さを感じましたね。『おんなの道は星の道』の花井美春の完璧な演歌。ガラッと雰囲気を変える圧倒的な力強さは正にお嬢。CD音源を目指した一日目も、心のままに歌ったであろう二日目も、ともに素晴らしい出来でした。万雷の拍手が本当によく似合う曲だったと思います。『Last Kiss』の原田彩楓は正直一番驚いたと言うか、何も不安になることなく安心して見ていられるパフォーマンスを披露してくれて、この人はいつどこでこんなに成長したのだろうと不思議でしたね。先述の『Nocturne』での鈴木みのりとのデュエットも大変素敵でした。ただトークの方もだいぶ不思議な方向に成長しているのでそっちからもまだまだ目が離せません。

そして深川芹亜、森下来奈、神谷早矢佳の新人三人組。一日目の『EVERMORE』から二日目の新曲『Trust me』ということで、新人さんに何させてんだと思いましたけど、いやよく頑張ってました。初見の曲を急にやられると曲を理解しようとしてパフォーマンスにまで目が行かないのでやめてほしいなというのが正直な意見ですけどね。

初披露の曲やユニット全員がやっと揃った曲など聞きたいものが聞けたライブでしたが、やはり今回のメインテーマ曲である『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』がビシッと決まってて、これから100%面白くなること間違いなしで有名なデレステさんですし、これから見せてくれるであろう新しい世界を期待したいと思わせるに十分なステージでした。

いやしかし新人組は自由ですね。初ステージに近いにも関わらずあれだけわちゃわちゃと自由に動けるというのはすごい。シンデレラ一門のこれからを支える人材としても有望だなと、そっちでも大変に安心しました。

正解するカド12.5話を見てバビロンに備えよう


【公式】正解するカド12.5話 KADO:Beyond Information

正解するカドを2時間に編集した、6月4日まで限定公開の公式動画。正解するカドを見てなかったという方は是非どうぞ。

アニメ本編とはオチが違うらしいということなんですが(紹介しつつ自分がまだ見れてない)、個人的には本編のオチも大好きなので「ふーん」という感じです。

脚本を担当した野崎まどという作家の特性は「いかにして注意してる相手の不意を打って殴れるか」だと思っているので、本編の流れは正しく野崎まどとしか言いようがないんですが(ザシュニナの表情とか正にですよね)、まあ不意に殴られて怒るのも分かるしこればっかりは好みですよね…。

ともあれバビロンのアニメ化も発表されましたし、正解するカドを見て耐性を得た皆様に置かれましてはしっかりと心の準備をしてバビロンに備えていただきたいと思います。たぶんまた殴られるよ。

3,4月のイベント

セットにしたけどそれぞれの月で1つずつしか参加してないしイベ離れが激しい。

-アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 すぷりんぐふぇすてぃばる 2018 DAY2

シンデレラのトークイベントは久しぶりだったんですけど、わちゃわちゃと殴り合う感じで非常に楽しかったですね。終始笑えて最高でした。五十嵐さんも言ってましたが、ライブもいいけどこういうイベントも増やして欲しいところです。

-THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS Initial Mess@ge 1日目

強くてニューゲームというか、7年目のファーストライブというか。とにかくいろいろと経験をしてきた演者たちが、改めて最初の曲を歌うというのが非常に感動するものがありました。シンデレラも大きくなったなあ、なんて今更なことを再確認したいいライブでした。

『パシフィック・リム:アップライジング』を観てきました

pacificrim.jp

観てきました。作中で10年が経ちいろいろなものがスタイリッシュになったパシフィック・リム、一作目とは違うけどまあこれはこれでいいかなという感じでした。

まあ確かにあまりグッと来るところは少なかったんですけど、けどイタリアでのジプシーとフューリーのバトルは良かったですね。まあ僕は怪獣映画よりもロボットアニメの方が好きということなんでしょう。あとニュートン博士の演技が最高でしたね。前作から好きだったので、大活躍してくれてよかったです。あとスクラッパーね。スクラッパーの挙動まあ好きなんですけどね…ちょっとオーパーツ過ぎますよねあれ…。好きなんですけどね…。