読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』と『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を見てきました

アニメ 日記 映画

ガルパンは出だしがいつもどおり過ぎて「テンション高いな!」ってなった以外は引っかかるところもなく、非常にいい出来でした。というかアンツィオ校がいいキャラ過ぎましたね。アンチョビ可愛いしペパロニ馬鹿だしカルパッチョ熱い戦車ファイト見せるしで楽しかったです。歴女チームや一年生チーム、バレー部チームにも見どころがあったしね。しかしOVAで本編の伏線を後出しで仕込むのはどうなのかなあw

AYNIKはどこからどう見てもハリウッド大作といった代物で、これが10年も前のスーパーダッシュ文庫から出たのかと思うとやたらと感慨深いものがありました。原作とは大部分が変更されていましたが、しかし確かに原作へのリスペクトを感じるストーリーだったので良かったねという感じです。読んだ当時は無かったのですが、今こうして映画になったのを見るとどうしても孔明マリオを思い出してしまいましたね。あの動画は素晴らしい編集だったなあ、と改めて。次はスラム・オンラインを映画化しましょう。日本映画でもいいので。セガ完全監修で。