読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

阪神に愛があるといいのだが

野球

阪神からFAで獲得した久保の人的補償が鶴岡に決まりましたね。正直予想してないでもなかったんですが、実際に獲ったらアホだよなあとも思っていたので、ああやっぱりあのGMって…としみじみ思う今日このごろです。

横浜のプロテクトがどうだったかなんて分からないわけですが、キャッチャー枠が2だとしたらそりゃ黒羽根と髙城だよなと思っていたので、今回のことは仕方ないのかなと思います。わざわざFAで出戻ってきたことを思うと切ないですけど、人的補償ってそういう制度ですし。

来季の横浜のキャッチャー事情としては一軍が黒羽根と嶺井(あともしもの山崎)がいて、二軍で髙城をメインに育成しつつ西森、賢二郎、モスカテルを使っていくんだろうと思います。二人怪我するとアウトな感じだけど、まあ、それって普通だと思いますし、補強するとしても来季のシーズン中じゃないかな。

黒羽根が一人でシーズンを乗り切ったことがないので、スランプになった時に目先を変えられる先輩役がいないというのが不安材料として挙げられますけど、そのために年の近い新沼バッテリーコーチもいるし、三浦やらのベテランピッチャーが助けてあげてくれれば。それより三嶋とかの若いピッチャーが鶴岡に懐いてたんで、そこら辺がどうなるかって感じですね。ぜひ一人立ちして鶴岡に恩返ししてもらえると助かるんですけどね。

そして鶴岡も阪神での正捕手争いを勝ち抜き、今宵の月のように輝いてくれることを願っています。