読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

ナチュラルに週一更新

日記

不思議ですね。なんでですかね。いやまあ、ここ最近は仕事が忙しいからな。
と言いつつ昨日は遊んできました。午前中は劇場版魔法少女まどかマギカ後編を見て、午後は蒲田でボードゲーム。まどマギはまあテレビ版と基本同じなんですけど、ほむほむ頑張ったなあとしんみりしてしまいました。あと繋がりだからとは言え、2回死ぬさやかがさすがに不憫でした。ともあれ新編を楽しみに待ちたいです。
ボードゲームは『シルク・ドゥ・モンスター』、『ドラゴンクエストボードゲーム スライムレース』、『イノベーション(フィギュア拡張入り)』、『ウィッティ・クロノス』、『豚小屋』、『お邪魔者』をプレイ。お邪魔者とイノベーション以外は初めて。イノベーションもフィギュア拡張は初めてでした。『シルク・ドゥ・モンスター』は競りゲーとデッキ構築が一体になっていて、競りにカードを使うとデッキ購入の部分で若干微妙かな? と思いつつ、しかし競りの回数自体がほぼ決まっているのでデッキの回転数が低く速攻できたプレイヤーがだいぶ有利なんじゃ無いかともんもん。いまいち競りとデッキ構築が噛み合いきってない印象でした。『ドラゴンクエストボードゲーム スライムレース』はご存じドラクエのカジノで有名なあのスライムレースをカードゲーム化。一番早いコマは10マス進むとかが多いのに、一番遅いコマは早くても5マスと非常に無理ゲーでした。それでいてビリが35マス進むとかあるからワケが分からない。実に原作ゲーム通り不条理でした。『イノベーション(フィギュア拡張入り)』はプラトン先生強すぎ。人物カードが基本化け物揃いなので一枚で戦局が面白いようにひっくり返ります。5の時代で負けるという悲しみを背負ってしまったので、次はせめて7まで行きたいところ。『ウィッティ・クロノス』は数字カードの上に砂時計を置き、それが落ちきったら下のカードを取って得点するというゲーム。100点取れば勝てるのだけど、他の人の砂時計が置いてあったら取れないので基本邪魔し合いになる。互いに砂が落ち合った末の「おまえ早くどけよ」という無言のやりとりがあちこちでありました。非常にカオスで瞬発力があり面白いゲームでしたよ。『豚小屋』はドイツの人気ミステリーをボードゲーム化したものらしい。原作知らない。最初に犯人像を決めて、そこへ近づくように証言を歪曲していくゲーム。この殺人の真犯人は間違いなくプレイヤーです。最終的な推理タイルに人物を3人送り込み、そのうちの1人が見事犯人となって勝利。美しくないことこの上ないが、まあ、勝てば良かろうなのだ。アフターはいつも通りゲームの話をしたりラノベの話をしたり。あと知り合いが酔いきってたのでセクハラしてきました。男も女も抱きつきすぎだったよ。
今日は高田馬場でアニソンの神様カラオケオフ…があったので行きたかったけどお仕事。残念。今度ヒトカラします。ジョジョのOPが入った頃に。