読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

3・4・5月読書まとめ

こんなに溜めたバカは誰だ! 俺だ! なんだ3ヶ月分って…バカじゃないの……。
マンガ32、ラノベ16、その他7という割合。3で割れば22なのでまあ悪い数字じゃない、か? まあ4月が少ないのでちょっと勿体なかった。

  • 今月の15冊

15て。コメントとかなしに面白かった本だけピックアップするよ。
ココロコネクト ユメランダム (ファミ通文庫)采配午後からはワニ日和 (文春文庫)俺はまだ恋に落ちていない 2 (GA文庫)南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)サイハテの救世主  PAPERI:破壊者 (角川スニーカー文庫)長門有希ちゃんの消失 (4) (カドカワコミックスAエース)ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)千年ジュリエットスカイ・ワールド (富士見ファンタジア文庫)信長の忍び 5 (ジェッツコミックス)正捕手の篠原さん3 (MF文庫J)僕と彼女のゲーム戦争 (3) (電撃文庫)メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫)
というわけで以下収納。
5月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:6202ページ
ナイス数:81ナイス

メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫)メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫)
完結。いやほんと突然のこと過ぎてどうしたものかと思いましたが、まあそれもこの二人らしいなあという感じでほんわかしました。メグとセロン以外がほったらかしなのでそっちが気になっていたけど、オールスターを出すということなので一安心。彼らのその後はそこで楽しみたいなと思います。ともあれ、お疲れ様でした。
読了日:05月31日 著者:時雨沢 恵一
デュラララ!!×11 (電撃文庫)デュラララ!!×11 (電撃文庫)
何度も言うけどキャラ表とチャット名併記を付けてくれ。頼む。ということで相変わらずチャットになると誰ですか? と困ってしまって大変だった。外の人たちはまだ平気なんだけどね。さてなんか次回かそれくらいにはいよいよこの物語も畳まれると言うことで、あとはどう連鎖していくのかをただ楽しみにしていたいなという気持ちです。
読了日:05月31日 著者:成田 良悟
僕と彼女のゲーム戦争3 (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争3 (電撃文庫)
開始ガーヒーで心から笑った。あのゲームほんと団体戦+オールキャラでやるととんでもないことになるからね。やりまくってた時期を思い出して懐かしい気持ちになれました。それはそれとして地味系巨乳幼なじみ(SEGA派)とか最高すぎますね。部長が恋愛方面で働いてくれないので、杉鹿と合わせていいラブ時空を生んでくれてます。もっとやれ。ところで最後、部長には普通に仕事のことばれてたけど、どこかにそんな描写あったっけ。見落としたかなあ。
読了日:05月31日 著者:師走トオル
正捕手の篠原さん3 (MF文庫J)正捕手の篠原さん3 (MF文庫J)
残念ながら完結。終盤、怒濤の強化フラグを立てていたところを見るに、もっと野球ネタで続きをやりたかったんだろうなあと思うと切ない。しかしまあ恋愛方面もそこそこに面白かったので、ちゃんとした決着は付かなかったけど読後感はそこまで悪くなかったかな。ともあれ、お疲れ様でした。
読了日:05月31日 著者:千羽カモメ
英雄*戦姫 (電撃ジャパンコミックス)英雄*戦姫 (電撃ジャパンコミックス)
原作と似てるようでまったく違う作品に仕上がってて不思議な感触。まあ嫌いじゃない。ジパング組とかはまだ面影あるけど、ブリタニア勢は誰も彼もが別人って感じの性格になってるのが不思議だなあ。
読了日:05月29日 著者:天狐
まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(1) (シリウスKC)まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(1) (シリウスKC)
女魔法使いの外伝ということで買ってみた。本編と違ってガチガチにファンタジーしてて、なんだか違和感があるというか、違和感がないというかw
読了日:05月29日 著者:川上 泰樹
乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)乙嫁語り 4巻 (ビームコミックス)
アラル海の双子編。所と嫁が変わればまったく別作品のように感じるなあ。5巻も続くということで二人の暴走に期待。あとアルミもパリヤも相変わらず出番があって嬉しい。ていうかパリヤ可愛い。幸せになれよ。
読了日:05月29日 著者:森 薫
鬼灯の冷徹(5) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(5) (モーニング KC)
地獄会議笑いまくった。色々あるんだなあ、地獄。ちびっこ鬼灯とか、最後のUMAだらけ忘年会も面白かった。
読了日:05月29日 著者:江口 夏実
プラナス・ガール(5) (ガンガンコミックスJOKER)プラナス・ガール(5) (ガンガンコミックスJOKER)
表紙の藍川がモノトーン可愛い。ほぼ文化祭ということでコスプレして遊び倒してた印象。朝倉さんはもうちょっと押せばいいと思うな。頑張りなさい。
読了日:05月29日 著者:松本トモキ
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
不器用で真面目な八軒の葛藤は続く。最後の業者さんの顔がいいよなあ。そして「金の使い方で男の価値が分かる」という言葉が、刺さる…。
読了日:05月29日 著者:荒川 弘
スカイ・ワールド (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド (富士見ファンタジア文庫)
みんな大好きMMORPGもの。しかしこの作者さんだし…と深読みするのが楽しい。アリスたちの目的と合わせて気になる。今回はずっと同じ島だったけど、今後は巻数を進む毎に別の島へ行くんだろうし、どんな島が出てくるのか楽しみだな。
読了日:05月26日 著者:瀬尾 つかさ
子ひつじは迷わない  騒ぐひつじが5ひき (角川スニーカー文庫)子ひつじは迷わない 騒ぐひつじが5ひき (角川スニーカー文庫)
文化祭編。過去キャラほぼオールスターということで微妙に忘れてるキャラが多いんだけど、それにしてもなるたま嫌われすぎで笑えるw そう考えると佐々原と桃子さんは物好きってレベルじゃないね。いやあ、しかし秘剣を暴け! とは面白いミステリーだったなあ。柳生秘剣帖も好きだったからニヤニヤしてしまったよ。次は雪山ということで密室ミステリーですね分かります。楽しみ。
読了日:05月22日 著者:玩具堂
信長の忍び 5 (ジェッツコミックス)信長の忍び 5 (ジェッツコミックス)
姉川の戦いから本願寺との開戦まで。遠藤や真柄の死に様がグッと来る。いまいちよく分かっていなかった本願寺勢との開戦理由が勉強になったわ。あと森蘭丸が森可成の子とは知らなかった。勉強になったり笑えたり切なくなったり、忙しいマンガだわ。
読了日:05月22日 著者:重野なおき
戦国雀王のぶながさん (ジェッツコミックス)戦国雀王のぶながさん (ジェッツコミックス)
信長の忍びが何故か麻雀に。ほんとなんでだろう。ということで麻雀で平和的に、かつオールスターで天下取り。伊達政宗はまあ原作じゃ出てこないだろうからいいけど、武田信玄上杉謙信はこっちが初出でいいんだろうかw ギャグ一辺倒で面白かったです。
読了日:05月19日 著者:重野なおき
千年ジュリエット千年ジュリエット
エキセントリックな人たちの最もエキセントリックな部分が凝縮抽出された文化祭だった。この学校には奇人や変人しかいないんじゃないのか。と中にある二編のアホらしさに考えてしまうが、始まりと終わりはそれぞれらしい苦みがあって切なかったな。そしてそんな文化祭でも順調にメンバーを増やす吹奏楽部はさすがである。いや、しかしやっぱ、演劇部好きだなw
読了日:05月15日 著者:初野 晴
弱虫ペダル 22 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 22 (少年チャンピオン・コミックス)
続々と離脱していくメンバーから託される想いが切なくも美しい。
読了日:05月15日 著者:渡辺 航
君に届け 16 (マーガレットコミックス)君に届け 16 (マーガレットコミックス)
矢野ちんは爽子とかちづとか好きすぎるから自分に自信が無いんだろうなあ、とか思ったり。ケントもいい子だから、ケントとじゃ付き合っても自信は持てないんだろうなあとか考えると泣けてくる。幸せになれると良いな。
読了日:05月15日 著者:椎名 軽穂
ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)
ド王道でとても良い。錠に見覚えがないか聞いたり、二人が演技だってバレるのが早かったり、これまでのラブコメよりかは展開のスピードが速いかな、という感じ。小野寺さんめっちゃ可愛いけど、しかしこの子が勝つ未来は見えないな……。けど応援してるぜ、小野寺さん。
読了日:05月15日 著者:古味 直志
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(1) (ガンガンコミックス)
驚異的サクサク進行。まさか地方大会が一瞬で終わるとは思わなかった。あっさりと全国まで来たけど、全国編は真面目に麻雀シーン描くのかしら…。しかしそれにしたって咲がラスボス過ぎるw
読了日:05月15日 著者:小林 立,五十嵐 あぐり
咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
マコ先輩もうちょっと出番上げても罰は当たらないんじゃ…いやまあ地味なんは分かるけどさ……。部長の不調とかあったけど、かなりサクサク進んだかなあという印象。点差もそんなに無いし、本番はここからかな。
読了日:05月15日 著者:小林 立
ベイビーステップ(21) (講談社コミックス)ベイビーステップ(21) (講談社コミックス)
清水さん可愛そう、っていうかエーちゃん無自覚に人を振りすぎである。それはそれとしてネガティブ岡田との初対決。なんかだいぶエーちゃんに似てるなあ、という印象。難波江くんよりよっぽど近いと思うわ。
読了日:05月13日 著者:勝木 光
僕は友達が少ない 5 (MFコミックス アライブシリーズ)僕は友達が少ない 5 (MFコミックス アライブシリーズ)
表紙の割に理科めだってねー。あと肉ネタ怒濤の押しっぷりに笑った。それとうさぎお前そこどけ。
読了日:05月12日 著者:いたち
デンキ街の本屋さん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)デンキ街の本屋さん 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
ふがちゃんとか先生さんとかラブがコメってて非常によろしい。もっとラブれ。
読了日:05月07日 著者:水あさと
スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)
狂ったような書き込みで読むのも大変だけど、その分だけ楽しい相変わらずの出来。ゼオラ調整の書き込みようったらホント凄い。それとは別に手抜きのギャグ顔を使うようになって来たかなあという印象で、楽になるならいいんじゃないかと思います。
読了日:05月07日 著者:SRプロデュースチーム
まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (3) (カドカワコミックスAエース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (3) (カドカワコミックスAエース)
それぞれ互いの領土を失いつつ砦将頑張ってるなあ、という感じの話。勇者が戻ってきたけど今度は魔王が離れるということで、この二人あんまりイチャイチャしてないなと感じてしまう。不思議。駄肉とか火竜公女とか魔族娘とかがいい乳をさせる中、タオル一枚で隠れる女騎士さんマジ…いえ何でも無いです。
読了日:05月07日 著者:石田 あきら
GIANT KILLING(23) (モーニング KC)GIANT KILLING(23) (モーニング KC)
川崎との決戦。本気の撃ち合いで、八谷にしろ椿にしろ誰も彼もが成長を見せてくれて面白い。そして堺さんマジ性格悪くてたまんない。
読了日:05月07日 著者:ツジトモ
すべての希望にエールを HERO個人作品集4 (ガンガンコミックスONLINE)すべての希望にエールを HERO個人作品集4 (ガンガンコミックスONLINE)
リトルガールの放課後がめっちゃ好き。切ない。生きるのってほんと大変よね。
読了日:05月07日 著者:HERO
浅尾さんと倉田くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)浅尾さんと倉田くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)
浅尾もいよいよ女子クラスメイトと仲良くなれ始めたけど本当になりたい相手とは相変わらず微妙な距離感で、しかも仲良くなったらなったで色々辛いというなんというかこう、辛いな? 的な。どうにもこうにも上手くいかない人たちが多いので、犬寺とかゆみちゃんを見てると和む。あと委員長がんばって。けど他人のメアド聞くのってほんと難しいよね。
読了日:05月07日 著者:HERO
京洛れぎおん 3 (BLADE COMICS)京洛れぎおん 3 (BLADE COMICS)
元カレが出たり予言がどうこうあったけどそんなこと関係ないくらい千鳥がかわいい。すごいデレ期。それに気付かない上、時武のフラグもスルーするてったん爆発しろし。和助様はほらなんか、裏とかないから素直に応援できる。けど椛泣かせたらアカン。
読了日:05月03日 著者:浅野 りん
長門有希ちゃんの消失 (4) (カドカワコミックスAエース)長門有希ちゃんの消失 (4) (カドカワコミックスAエース)
前作の引きからこう来たか、という感じ。そもそも表紙を見た時点で違和感を抱かなければいけなかった。というわけでラブ寄せの偶数巻、新ライバルは別人格長門有希でしたという。もう名前と顔と少しの行動パターンが同じなだけであとは別物でも萌えられるんでしょみたいな、オタクとしての業の深さのようなものを測られている感じがしたけどたぶんただの意識過剰。まあ可愛ければ何でもいいと思います(真顔
読了日:05月02日 著者:ぷよ
サイハテの救世主  PAPERI:破壊者 (角川スニーカー文庫)サイハテの救世主 PAPERI:破壊者 (角川スニーカー文庫)
主人公のテンションからシュタインズ・ゲートコードギアスなんかを思い出した。天才っぽいちょっとバカな主人公が好きな人にお勧め。それにしても岩井さんは自分でも言っていたけど、天才を書くのが好きだねえ。今後『消閑の挑戦者』キャラが出てきたりしないかな。しないよな。天才は孤独らしいし。陸たちを日常の象徴とし、本気で非日常には関わらせない思い切った割り切りがよかったな。次の災害も楽しみ。しかし主人公の名前が『サトウ・ヨウ』ってどうにかなかなかったのかw
読了日:05月02日 著者:岩井 恭平

2012年5月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター