読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

1月読書まとめ

ラノベ マンガ

マンガ20冊、ラノベ9冊、その他3冊。なんとか日数と同程度まで読むことはできた。まいど1月は調子がいいなあ。精神的なものだろうか。今後もこのペースを維持したい。

  • 今月の5冊+1

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX)プロ野球最期の言葉ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)
『折れた竜骨』は魔法も呪いもあるファンタジー世界でミステリーをやるという設定が素晴らしい。非常にフェアなフーダニットになっており、ひとつひとつ検証すれば犯人を突き止めることは可能だろう。どうか楽しんで読んで欲しい。『ぐいぐいジョー』は百合と野球が1:1。それだけ。それだけなのに素晴らしい。シンプルなものは良いです。うん。続いて『プロ野球最期の言葉』も野球もの。というか、プロ野球が好きな人には是非とも読んでいただきたい一冊です。70年のドラマが濃縮されててすごいですから。もはや鉄板の『ココロコネクト』今回は「感情伝導」で考えてることが感情と一緒に伝わっちゃうぜピンチだぜ。恋も大きく動いちゃうぜ。あっちでデレてこっちでデレて、本当にかわいいなあ稲葉ん。『ヴォイニッチホテル』はよくわからない中毒性がたまりません。わからないけど面白いんだよこれが。で、特別枠は『とある飛空士への恋歌』見事な最終巻ということで、切なさと愛しさが同居する素敵なラストでした。良かったです。
そんなこんなで以下収納。
1月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:5547ページ

学園カラーズ (まんがタイムコミックス(オールカラー版))学園カラーズ (まんがタイムコミックス(オールカラー版))
女子高生の何でもない日常、というと誤解があるかもしれないけど、まあそんな感じのゆるーい4コマでした。千代がだいぶキャラ変わってるなあw しかし先生いいな。
読了日:01月31日 著者:カワハラ 恋
とらドラ! 4 (電撃コミックス)とらドラ! 4 (電撃コミックス)
偽乳特戦隊w ひでえw 水着でバトルということで眼福が多くてよかったです。木原の水着えろいっす。しかし北村のセクハラはすごいなあ…羨ましいぜ。
読了日:01月31日 著者:竹宮 ゆゆこ
あめのちはれ 4 (B's-LOG COMICS)あめのちはれ 4 (B's-LOG COMICS)
相変わらずなんだか面白い。いよいよ勘のいい一部の人たtが気付き始めたり、倒錯したラブが動き始めたりとなにかと不穏な空気が漂っているのは梅雨が近付いているからでしょうか。
読了日:01月31日 著者:びっけ
ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
シュールとベタの天秤を持ちながら地雷原を飛んでいくかのような作品だった。めっちゃおもろい。あとエレナかわいい。決め台詞を言える日が来るといいね。
読了日:01月29日 著者:道満 晴明
ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト ミチランダム (ファミ通文庫)
傑作。これまでの積み重ねでそれぞれに一人称を任せても物語が動くようになり、だからこそ、今回の永瀬伊織を語る物語に厚みが加わっている。太一のそばで、5人の中で、献身し支え続けてきた永瀬伊織。彼女は一体どういう存在なのかの再発見ができた一作であり、そしてまだ道はつづていく。これから先の道はどうなっているのか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、迷わず行けよ、行けば分かるさ。ということで非常に猪木な一作でした。あと唯と青木のコンビかわいすぎる。けど稲葉もっとかわいすぎる。赤面させてー。デレばんはどうかと思うけど。
読了日:01月29日 著者:庵田 定夏
プロ野球最期の言葉プロ野球最期の言葉
「引退。それはプロ野球選手の死を意味する」前書きにある言葉が胸に響く。野球に人生の大半を捧げてきた人にとって、引退し野球と決別することは確かに死ぬこととなんら変わりはない。そんな自らの死を自分で決める人、他人から言い渡される人、すっぱりと立ち去れる人、諦められずもがき続ける人。様々な人々が、様々な思いを胸に発する言葉。様々なドラマを背負って吐き出される言葉。その言葉のなんと重く、熱く、輝くことか。人にはドラマがある。野球にドラマがあるのは、そこに数多くの人がいるからだ。だからこそその最期の言葉は、美しい。
読了日:01月29日 著者:村瀬 秀信
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
メインの舞台が海外ということでそのへんからしてすでに目新しく、また海外であるということは自分が普通の感覚として持ち触れている文化とはまったく異質の文化がそこにあって、それがミステリーの根幹をなしているのが面白かった。「叫び」の持つどうしようもない異種性と、それを踏まえての「祈り」の暖かさのコントラストが素敵でした。面白かったです。
読了日:01月28日 著者:梓崎 優
とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 5 (ガガガ文庫)
まるまる一冊エピローグという感じ。クレアとの別れも、空の果てでのダンスも素晴らしかったけど、最後の最後にアリエルが持っていったなあとしか言いようがない。歌えない歌もある。なんと切ないことか。そして、ミハエルを後ろに乗せて空をとぶ姿がほんとうに美しかった。表紙のとおり、ひとりの男の生き様を描ききった素敵な作品でした。面白かったです。
読了日:01月27日 著者:犬村 小六
GIANT KILLING(18) (モーニングKC)GIANT KILLING(18) (モーニングKC)
チームが一丸になることとチームとしてのレベルが上がること。個人としては面白くない話もあるけど、どちらも大事なことを達成するためのモチベーション管理がすごいな。そしていろいろ荒れてる神戸戦。子供たちだけの応援団はどうなるか、試合の行方は、椿は再び覚醒できるのか。楽しみです。あとセカンドキーパーの佐野がんばれ。ガッツ見せろ!
読了日:01月23日 著者:ツジトモ
はじめてのあく 8 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 8 (少年サンデーコミックス)
ラストのキョーコの表情ヤバい。夏ヤバい。夏バンザイ。ラブコメバンザイ。
読了日:01月20日 著者:藤木 俊
ベイビーステップ(15) (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ(15) (少年マガジンコミックス)
「うそじゃないですー」とかなっちゃんまじ可愛い。今まで恋愛に関する積み立てがかなりあっさりだったからどうなるかと思ったけど、ちゃんとニヤニヤ出来るものになっててよかった。ていうかなっちゃんまじ可愛い。そしていよいよ全国進出をかけた大事な一戦へ。特殊な相手にどう戦うのか楽しみ。
読了日:01月19日 著者:勝木 光
魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(32) (少年マガジンコミックス)
激闘の間隙を縫うように運動部の子たちといちゃついたり目を覚まさしてもらったり。ネギと生徒たちは相互に関係しあうところが素敵ですよね。
読了日:01月18日 著者:赤松 健
月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)
書こうとしている部分は好きな部類なのに、お話の部分がどうも好きになれない。たぶんミステリーとしてアンフェアだからなんだろうけど。あれだけで真犯人言い当てろってそれどうなのよ。
読了日:01月17日 著者:明月 千里
天元突破グレンラガン 6 (電撃コミックス)天元突破グレンラガン 6 (電撃コミックス)
少年編終了。様々な謎を残しつつ、螺旋王を倒した大グレン団の行く末は…ということで、待て青年編。
読了日:01月17日 著者:森 小太郎
お願い神サマ! (1) (まんがタイムKRコミックス)お願い神サマ! (1) (まんがタイムKRコミックス)
恥ずかしがってイチャイチャして、照れあってイチャイチャして、いいからお前ら結婚しろよとしか言うほかない内容でした。ダダアマだよ!
読了日:01月17日 著者:守姫 武士
きのう何食べた?(1) (モーニングKC)きのう何食べた?(1) (モーニングKC)
きのう何食べた? と言われてなかなかさっと出てこない。物忘れのせいもあるだろうが、自分で用意していないというのもかなり強いだろう。自らの手で、大事な人と食べるために料理を作るなら、きっと覚えていられるんだろうね。たまには料理してみようか、と思える作品でした。というか栗ごはんうまそう。
読了日:01月17日 著者:よしなが ふみ
純真ミラクル100% (5) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)純真ミラクル100% (5) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
モクソン、所長ともに非常に可愛かった。というか二宮さんとか工藤さん頑張った。かっこよかった。けど二宮さんはもうちょっと頑張れ。もう少しだ、たぶん。完全なハッピーではなかったけど、それでも前へと進んでいくみんなに幸あれ。面白かったです。お疲れ様でした。
読了日:01月16日 著者:秋★枝
ビリオネアガール(1) (アフタヌーンKC)ビリオネアガール(1) (アフタヌーンKC)
表紙から受けた印象と中身がだいぶ違ってうろたえた。これも表紙詐欺か。支倉凍砂ということでどんなもんかと思ったけど、どちらかというと桂明日香さんのテイストの方が強かったね。よいボーイミーツガールでした。これから先も期待。
読了日:01月16日 著者:桂 明日香
真月譚月姫 10 (電撃コミックス)真月譚月姫 10 (電撃コミックス)
エピローグ。月姫の全て(カオス含む)を集めて再構成し、そして素晴らしいエンディングへ繋げた。本当に素敵な作品でした。お疲れ様でした。
読了日:01月16日 著者:佐々木少年
真月譚月姫 9 (電撃コミックス)真月譚月姫 9 (電撃コミックス)
VSロア、完結。志貴のこのシーンは余計な言葉を挟むことなく実にかっこよいです。
読了日:01月16日 著者:佐々木 少年
殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)
自殺システムとは趣味が悪い。藍は可愛いけど気持ち悪いなあ。たぶん可愛いのも狙ってるんだよなあ…可愛いなあ、気持ち悪いなあ。全体を通して納得の出来でしたけど、オチにもうワンパンチ欲しかった気もする。
読了日:01月15日 著者:土橋 真二郎
殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
人狼と聞いたので。現実から目をそらす人と思考を重ねる側と溝が出来るのは仕方ないかもしれないけど、それにしたって福永の思考は気持ち悪いなあ。
読了日:01月15日 著者:土橋 真二郎
はじめてのあく 7 (少年サンデーコミックス)はじめてのあく 7 (少年サンデーコミックス)
まさかの進級。そうか、サザエさん時空では無かったのか…。クラス替えしたり後輩が出てきたり弟が増えたりと相変わらずのやかましさ。そしてジローがどんどんジゴロになっていく。なんだよハグって、そんなんありかよ。いいぞもっとやれ。
読了日:01月08日 著者:藤木 俊
ハレルヤオーバードライブ! 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ハレルヤオーバードライブ! 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
合宿からバンド名決め、そしてファーストライブといよいよな感じ。相変わらずキメゴマが上手くて息をのみます。ギター継承のはなしが好きでした。良いね、良いよ。あとタンポポ可愛い。めっちゃ可愛い。サンダーバードマジぱない。
読了日:01月08日 著者:高田 康太郎
とある飛空士への追憶 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)とある飛空士への追憶 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
ファナの思い。シャルルの思い。宿敵ビーグルとの対決。どれも素晴らしく描かれていて、非常に楽しく読むことが出来た。残りは少なかったと思うけど、4巻がどれだけの内容になるのか。あの、美しいエンディングシーンを楽しみに待ちたい。
読了日:01月08日 著者:犬村 小六,小川 麻衣子
夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)夜が運ばれてくるまでに (メディアワークス文庫)
前回と比べると、黒星さんの絵がだいぶそのものになってる。良いことです。文章と相乗し、いい反応になってるんじゃないかと思います。
読了日:01月08日 著者:時雨沢 恵一
ブレイク ブレイド ? (Flex Comix)ブレイク ブレイド ? (Flex Comix)
未来無さ過ぎる展開の連続で胃が痛い。がしかし、一筋の反抗へ繋がる光が見えているようないないような。オーランドの動き、ライガットとホルギュス。目が離せん。
読了日:01月06日 著者:吉永 裕ノ介
ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX)ぐいぐいジョーはもういない (講談社BOX)
野球が好きで、少女同士キラキラしてるのが好きな人にはたまらない作品。つまり俺に良し。たまらんかった。非常に面白かったです。惜しむらくは、途中で古井とか相手のダグアウトの話とかを入れず、ずっと鶫子メインの視点書ききってくれれば完璧だった。野球を深く書こうとしたら仕方なかったのかもしれないけど、それでももったいなかったと思う。二人だけの世界で良かったのにと思うと残念でした。
読了日:01月05日 著者:樺 薫
折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
魔術や呪いのある12世紀ヨーロッパの地方を舞台にしたミステリーという特殊設定だったのに、教本に載せても良いほどの真っ当な謎解きだった。一つ一つの成分をしっかりと確認していけば、確かにそれ以外の解答が無かったのが素晴らしかったです。
読了日:01月03日 著者:米澤 穂信
猫物語 (白) (講談社BOX)猫物語 (白) (講談社BOX)
羽川再生というか、再構築というか。簡単に言ってしまえば、失恋する話だった。素晴らしかったです。後半の手紙部分が好きでした。
読了日:01月03日 著者:西尾 維新
プラナス・ガール 3 (ガンガンコミックスJOKER)プラナス・ガール 3 (ガンガンコミックスJOKER)
普通の恋愛しろよお前らw しかし女の子の私服は可愛いのに、男の子の私服はちょっと……ね?
読了日:01月02日 著者:松本 トモキ
東京レイヴンズ2  RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫)
コンかわいいなあ。コンのしっぽの付け根を思う様もふもふしたい。で、春虎の強さの秘密とかその辺のことを匂わせつつ次回へ、ということで、変に引っ張らないあたりは好感が持てます。京子、天馬とメンバーも増えて、まだまだ陰陽塾生活も楽しそうです。
読了日:01月01日 著者:あざの 耕平

読書メーター