読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

11月読書まとめ

漫画15冊、ラノベ6冊、その他1冊。今月も減少傾向、というか、後半になってからのサボりっぷりが酷い。何があったか、といえばまあゲームを購入したからで、ほんとゲームと読書は共存できないね。まいったまいった。

  • 今月の5冊

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)“菜々子さん”の戯曲  小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)ばらかもん(3)(ガンガンコミックスONLINE)東京! 1 (まんがタイムコミックス)恋愛ラボ 5 (まんがタイムコミックス)
変態王子は良くできたラブコメという感じで、新人さんながら安心して読める印象の一冊でした。筒隠かわいい。そして菜々子さんは悪かわいい。本当に酷い人ですよこの人。笑って人を操ろうとする、じゃない、人が操れると心の底から微笑む。なんなの菜々子さん悪かわいい。ばらかもんは友人に薦められて一気買い。島の雰囲気、エネルギー溢れる子どもたち、熱く藻掻く先生、どれも素敵です。東京は駅擬人化のようで擬人化ではない4コマ漫画。東京在住の目からするとほほえましくてなかなか良い。秋葉原兄妹最高。恋愛ラボ、っていうか宮原るりは別格。
以下収納。
11月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:2402ページ

僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)
表紙のヘソがエロい。というか、ブリキさんの絵は貧乳の方がエロいと再確認。エロい。髪切った夜空もエロい。めっちゃかわいい。ウブかわ。そして知らないところでフラグを立て続ける小鷹まじ鈍感。もげろ。理科はこのまま伊達メガネやめてしまうのだろうか。寂しい。新キャラのお姉ちゃんもいいキャラなので早くイラストを下さい。で、つまるところ楽しかったです。
読了日:11月25日 著者:平坂 読
ばらかもん(3)(ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(3)(ガンガンコミックスONLINE)
先生の知人がやってきてドタバタ。都会人だけで釣りとかするもんじゃないよ、ほんと。誰も彼もが迷いつつも進む道を模索して、少しでも先に行こうとしているのが素敵だし、それを横から見て別に頑張らなくてもいいじゃんと言えるキャラがいるのも素晴らしい。どっちでもいいんだよね。もちろん、頑張る2人は素敵だけどさ。どうぞお先に。
読了日:11月18日 著者:ヨシノ サツキ
とある魔術の禁書目録(インデックス) 7 (ガンガンコミックス)とある魔術の禁書目録(インデックス) 7 (ガンガンコミックス)
いまいち先の展開を知らない2学期にいよいよ突入。上条さんとインデックスの夫婦生活というかなんというかがほほえましくて良いね。そして巨乳推しかと思ったらまさかの展開でびっくりだぜ。
読了日:11月18日 著者:鎌池 和馬
戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)戦国妖狐(5) (ブレイドコミックス)
強敵との連戦でテンションが上がりっぱなし。迅火の超加速度的な進化がどのような結果を生むのか、期待と不安でたまらないね。
読了日:11月18日 著者:水上悟志
ムダヅモ無き改革 5 (近代麻雀コミックス)ムダヅモ無き改革 5 (近代麻雀コミックス)
1ページの「フィクションです」をめくった先にある扉絵の破壊力たるや半端無いな。全てのツッコミを一撃の下に粉砕する素晴らしい一枚でした。本編も反逆だったり修行だったり覚醒だったりと美味しい展開でよかったけど、やはり日本の技術力は凄いという一言に尽きる。あとゆりこエロい。
読了日:11月18日 著者:大和田 秀樹
ハロー、ジーニアス (電撃文庫 ゆ 3-1)ハロー、ジーニアス (電撃文庫 ゆ 3-1)
良い青春ものだった。ボーイミーツガールと、喪失と、再発見が良い案配で描かれていたと思います。それにしても灰塚はヒロイン過ぎる。
読了日:11月18日 著者:優木 カズヒロ
めくりめくる 1 (GUM COMICS Plus)めくりめくる 1 (GUM COMICS Plus)
倉敷らしさをあまり感じられなかったのは残念だが、高校時代の少年少女たちの甘かったり平凡だったりする日常が切り取られてて非常に素敵でした。ずる休みする話が好きかな。
読了日:11月09日 著者:
360°マテリアル(2)(マーガレットコミックス)360°マテリアル(2)(マーガレットコミックス)
元カノ普通に嫌な子だったな…かわりに茜ちゃんが凄くかわいくなってたけど。あと丸井くんもいいやつだね、幸せになって貰いたいけど…。
読了日:11月09日 著者:南 塔子
ペルソナ4 3 (電撃コミックス)ペルソナ4 3 (電撃コミックス)
名曲をこんなところでギャグに使うなw まるっと一冊使って完二編という趣で、なかなか話が進まなくて多少心配。はやくみんな揃うところが見たいぜ。
読了日:11月09日 著者:曽我部 修司,アトラス
野球を学問する野球を学問する
桑田真澄が早稲田の大学院でどのような研究をしてきたか、という表層の部分が対談という形を持って提示されている。くだんの論文も併せて読まないととうてい理解できない大きな研究テーマだが、新しい野球道に関しては割と丁寧に解説してくれているので理解のヒントになる。野球体験から人間形成を行い、いかに未来の選択肢を広げるか。教育者を目指す人にぜひ一度は手にとって欲しい一冊だと思う。
読了日:11月09日 著者:桑田 真澄,平田 竹男
ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん 2 (ガンガンコミックスONLINE)
タマ…不憫な子…。先生が島暮らしに慣れ、たくさんの人とつながりを持って行く様がとても素敵でした。ヒロとの友情とかね。いいと思うよ俺は。あと美味しいお新香は気づいたら無くなる。本当に。不思議だ…。
読了日:11月08日 著者:ヨシノ サツキ
恋愛ラボ 5 (まんがタイムコミックス)恋愛ラボ 5 (まんがタイムコミックス)
リコの嘘がばれたことによって、より一層みんなの仲が良くなったなあという印象。夏休みに入ったのも影響しているのか、外に出るイベントが多くて新鮮でした。今回は不安になるイベントが少なくて、ストレス少なかったな。終始、和やかに読めて良かったです。
読了日:11月08日 著者:宮原 るり
東京! 1 (まんがタイムコミックス)東京! 1 (まんがタイムコミックス)
八王子はまだいいとして、さすがに武蔵小金井と国分寺はマイナではなかろうか。国分寺かわいいけど。ムサコちゃんうざかわだけど。そして八王子はちびかわいい。最強。巣鴨くんと絡んでるのを眺めてニヤニヤするだけで幸せになれる。秋葉原くんと渋谷くんもいいけどね、BL的な意味も含めて。秋葉原兄妹最強過ぎるわー。というわけで面白かったです。先が楽しみな4コマが増えましたよ。
読了日:11月08日 著者:カワハラ 恋
刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
一根、六枝、七花と名前の統一性に今さら驚く。結局最後までかませで終わってしまったまにわにが残念です。人鳥くんがちょっと頑張ったけど、相手が悪かったね。未来の技術だ歴史の改竄が目的だと風呂敷が広がった感のある今回ですが、果たして最後にどのような終わりを見せるのか。楽しみに読みたいです。
読了日:11月08日 著者:西尾 維新
狼と香辛料 5 (電撃コミックス)狼と香辛料 5 (電撃コミックス)
前回から引き続きのピンチ。それでもイチャイチャしようという気概は見事である。そして手八丁口八丁をつかってノーラをたらし込む様は見事だったぜ。その後は尻に敷かれ放しだったけどね!
読了日:11月06日 著者:小梅 けいと,支倉 凍砂
ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE)
面白いと薦められて購入。若い書道家がへんぴな島で振り回されながらあーでもないこーでもないと藻掻いたり模索したりするハートフルストーリーでした。面白かったよ。
読了日:11月06日 著者:ヨシノ サツキ
“菜々子さん”の戯曲  小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)“菜々子さん”の戯曲 小悪魔と盤上の12人 (角川スニーカー文庫)
高校生になって髪も伸びた美少女兼悪女の菜々子さんマジかわいい。語り部が交代したことでより新鮮に菜々子さんの腹黒さが楽しめて、なんて素敵な構成なんだと思いました。次回以降、いかに宮本くんが袖にされ弄ばれる高校生活を送るのか今から楽しみです。
読了日:11月05日 著者:高木 敦史
信長の忍び 3 (ジェッツコミックス)信長の忍び 3 (ジェッツコミックス)
久秀てめえ! 俺も千鳥の尻さわりたいぞ! ということは置いておいて、龍興アゲイン、北畠と戦続き。この辺の知識は曖昧だから、読んでて唸ることが多いなあ。史実に忠実な作品なので、この辺りは普通に勉強になるぜ。そして光秀のツッコミはおもしろすぎるな、特に自分に帰ってくるところが。
読了日:11月03日 著者:重野 なおき
信長の忍び 2 (ジェッツコミックス)信長の忍び 2 (ジェッツコミックス)
秀吉大躍進の巻。市が嫁いだり上京したりと、信長の天下統一に向けて順当に進んでいるね。まあ、この作品は史実通りなので未来は…という感じですが。千鳥はせっかくチート並の能力持ってるのに報われないなあ。
読了日:11月03日 著者:重野 なおき
アマガミ 2―Precious diary (ジェッツコミックス)アマガミ 2―Precious diary (ジェッツコミックス)
絢辻さんが積極的で、橘さんが基本的に受身だったね。その分、絢辻さんの可愛いところ…というか、危ういところが多めで、ヒロインの力で引っ張っていく内容だったかな。ただ最後まで顔が安定しなかったなあ、という印象。
読了日:11月02日 著者:エンターブレイン
子ひつじは迷わない  走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)子ひつじは迷わない 走るひつじが1ぴき (角川スニーカー文庫)
一作一作が短い連作短編の体で、ちょっと不思議な相談事を解決していくという構成が読みやすくて実に好ましかった。主要人物三名のキャラが立ってるのも良かったな、切ない一方通行が多そうなところとかも。非常に面白かったです。
読了日:11月02日 著者:玩具堂
変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
絵柄もタイトルも実にキャッチー。主人公くんはなるほどどうしようもない子で逆に好感が持てる。腋、鎖骨、臍の人体三大窪みとか素晴らしすぎて目から鱗が落ちる思いだったよ。ぜひ一晩かけて語り合いたい。ヒロインの小豆も筒隠も実にかわいくて良い。鋼鉄の王はもうちょっと早くにフォローがあれば良かったね。建前を取り戻せたけど、再び大事なものを失った変態王子の明日はどっちだ! 面白かったです!
読了日:11月02日 著者:さがら総

読書メーター