読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

10月読書まとめ

漫画18冊、ラノベ9冊、その他3冊。今月も月数超えはならず。購入数は超えてるんだけどな…不思議だ。前半サボって後半急いで登録するってのが癖になってるからなんとかしたいところ。

  • 今月の5冊

ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)みそララ 4 (まんがタイムコミックス)7と嘘吐きオンライン―HERO個人作品集―(ガンガンコミックスONLINE)死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)この靴しりませんか? (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
ココロコネクトは安定して面白い。というか青木のかっこよさが天元突破してて素敵。みそララも安定しているが、これはなんというか、ほんと頑張ろうと感じられる作品です。7と嘘吐きオンラインはWeb上で見てましたが、ホントにみんな不器用でいとおしい。この靴しりませんかに出てくる子たちも不器用さでは負けてなかったけど。やっぱりこちらの子たちもかわいいです。死なない生徒殺人事件は相変わらずの野粼まど節で安心しました。
10月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:4526ページ

弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 14 (少年チャンピオン・コミックス)
「ヒメなのだ!」じゃねえよ坂道なんだそれ! それで走れる田所さんもなんだそれ! 意味も分からず笑いまくってしまったぜ! というわけで意味の分からないハイテンションな2日目前半戦でした。それにしても今泉くんはいいとこ無いなあ…。
読了日:10月30日 著者:渡辺 航
ベイビーステップ(14) (少年マガジンコミックス)ベイビーステップ(14) (少年マガジンコミックス)
神奈川県下において目下最大のライバルである荒谷との手に汗握る死闘。互いに全力のテクニックとメンタルとパワーのぶつかり合いが息を飲む暇も無く続き、試合が終わったときの疲労が半端無かったな。今回の結果と今後の交流を経て、さらにもう一段エーちゃんは上がることが出来るのか。楽しみ。
読了日:10月30日 著者:勝木 光
はやて×ブレード 13 (ヤングジャンプコミックス)はやて×ブレード 13 (ヤングジャンプコミックス)
頂上決戦前の充電期間、ということで全体的に見れば落ち着いた雰囲気…だったかもしれない? ナギに相方の気配をにおわせつついよいよの頂上決戦で玲になにが、ってところで次巻に。いやー、気になる。次はずっと戦ってそうでテンション上がるぜ!
読了日:10月30日 著者:林家 志弦
うのはな3姉妹 1 (まんがタイムコミックス)うのはな3姉妹 1 (まんがタイムコミックス)
お父さんが出ずっぱりなあたり萌え4コマじゃないな。まあ、俺は桜に萌えるけどさ! 初っぱなから安定したファミリー4コマだけど、色恋について進展することはあるのか、注目していきたい。
読了日:10月30日 著者:水谷 フーカ
のぼうの城のぼうの城
のぼう=成田長親とはどのような人物なのか。つかみ所のないこの人物が、読み進めていくうちに非常に愛らしくなり、気づけば百姓たちと同じように支えてあげたくなっていて、読んでて本当に面白かった。生き生きした武将たちも、のぼう様を愛する百姓たちも、そして敵役となった石田たちも、みんな本当に素敵でした。
読了日:10月30日 著者:和田 竜
浅尾さんと倉田くん(3)(ガンガンコミックスONLINE)浅尾さんと倉田くん(3)(ガンガンコミックスONLINE)
ありさちゃんもゆみちゃんも可愛い。というか東くんとありさちゃんの関係が素晴らしすぎてニヤニヤするしかない。ぱないの。あと杉くん好き。
読了日:10月25日 著者:HERO
7と嘘吐きオンライン―HERO個人作品集―(ガンガンコミックスONLINE)7と嘘吐きオンライン―HERO個人作品集―(ガンガンコミックスONLINE)
不器用な人たちの不器用なあれこれ。表題作のあるある感もいいんだけど、レッテルもキャンバスもHEROさんらしい痛さに溢れてて良かった。面白かったよ。
読了日:10月25日 著者:HERO
神さまのいない日曜日II (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日II (富士見ファンタジア文庫)
前巻を焼き直すのではなく、前巻を踏まえた上でその先に進んだ結果を見せてくれた本作。「世界を救う」という夢はどういうことなのか、を認識しようとしたのは素晴らしいけど、じゃあそうなると墓守という設定はどうなってしまうのだろう、と思わざるを得ない。そこは3巻をお楽しみにってことなのかな…。ともあれ、非常に素晴らしい出来でした。
読了日:10月25日 著者:入江 君人
死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫)
実に野粼まどだった。読み終わって思わず笑ってしまう作家第一位の称号を与えたい。永遠の命とは何か、をお題に語られる本作。納得の結末と思ったら、のどんでん返しを楽しませて貰いました。いやー、ほんと飽きないわこの人。
読了日:10月25日 著者:野崎 まど
この靴しりませんか? (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)この靴しりませんか? (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
童話をモチーフにした現代微百合オムニバス。表題作の「この靴しりませんか?」も素敵だったけど、個人的一押しは「わたしのアヒルの子」かな、美加ちゃんほんと可愛い。頑張れ。とまれ、どれも素晴らしく素敵でした。
読了日:10月20日 著者:水谷 フーカ
とある科学の超電磁砲 5 特装版―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)とある科学の超電磁砲 5 特装版―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)
御坂孤軍奮闘編、ということで、ひたすらにバトルバトルバトル。中盤以降の御坂の顔が悪人面しすぎでやばかったね。やっと戦いも終わり、というところで原作3巻と繋がったわけで、さてこの先はどうするのか。
読了日:10月19日 著者:鎌池 和馬
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
できるだけ血を通わせないよう腐心したかのような冷淡な文章だった。切なさが強調されてなかなか素敵でした。終始どこにたどり着くか分からないミステリアスな雰囲気だったので、まさかそういう決着にたどり着くとは思わず素直に驚いた。出てる要素は全部使い切ってて良かったです。続刊も買っていくよ。
読了日:10月17日 著者:河野 裕
スケッチブック(7) (ブレイドコミックス)スケッチブック(7) (ブレイドコミックス)
同級生が登場したりアニメオリジナルのみなもが逆輸入されたりとたいそう賑やかに。そうして部員じゃない子を集めて記念すべき100話目を飾るんだからこの人はやっぱり頭がおかしい。腋さんは…まあ、ね。しかし今回、猫ネタが少なかった印象だな。
読了日:10月17日 著者:小箱 とたん
三日月の蜜 (まんがタイムコミックス)三日月の蜜 (まんがタイムコミックス)
表題作の4コマ連作が凄いローリング力を保持していて読み進めるほどにぎったんばったんしてた。男1女2でどうやったらこんな話になるんだよ、まじすげえよ。なんて唸ってたら芋虫。なんで芋虫? 上げて落として上げて落として、本当に落ち着くことなく揺さぶられ続けた一冊でした。面白かった!
読了日:10月17日 著者:仙石 寛子
らき☆すた (8) (角川コミックス)らき☆すた (8) (角川コミックス)
世界は広がってないのにキャラが増えていく不思議。しかしまあ高校生たちも大学生たちもそれぞれ好き好きに生きててよろしい。あとかがみは肩口で前に垂らすツーテールの方が可愛いと思います(真顔)
読了日:10月17日 著者:美水 かがみ
信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)
タイトルそのままに、忍びの姿を通して戦国時代を語るという、4コマ漫画の割にテクニカルな芸をしていて凄い。その上でちゃんと笑えるんだから素晴らしいし、容赦なく史実通りに人が死んでいくので切ない。一粒でいくらでも美味しいマンガだなあ。
読了日:10月17日 著者:重野 なおき
スーパーロボット大戦OGディバイン・ウォーズ-Record of ATX (4) (電撃コミックス)スーパーロボット大戦OGディバイン・ウォーズ-Record of ATX (4) (電撃コミックス)
八房さんのマンガは書き込みも盛り上がりも最高に素晴らしい。前半のVSヴァルシオン量産型も、後半のVSクスハ・エクセレンも、ともに素敵な転がし方で非常に燃え尽きました。政治的な部分もしっかりと書いてくれるのもいいよね。
読了日:10月15日 著者:八房 龍之助
テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
どう続くのかと思ったらまさかのちんこ信仰でアホみたいに笑った。しかしこの奥さんは可愛い、ルシウスがたつのも分かるってもんだ。今回も様々な湯周りネタで笑わせてもらいました。満足。
読了日:10月15日 著者:ヤマザキマリ
DARKER THAN BLACK-漆黒の花-(3) (ヤングガンガンコミックス)DARKER THAN BLACK-漆黒の花-(3) (ヤングガンガンコミックス)
黒い花強すぎる、っていうかミーナ…。いよいよ追いつめられてきたその中で、パーゼルとチャンプの友情に泣けてくるぜ。しかしほんと、黒は銀が好きすぎるな…この後を思うとこちらも泣けてくるわ。DTBはほんと切ない作品だ。
読了日:10月15日 著者:岩原 裕二,BONES,岡村 天斎
君に届け 12 (マーガレットコミックス)君に届け 12 (マーガレットコミックス)
風早イケメン過ぎる…。急に彼女の親にあってこんな態度とれねえよ、なんだよこの超絶イケメン…。いい男だなあ、風早。そりゃ爽子も下心芽生えるよなあ。しかしお父さん…いや、何も言うまい。切ないだけだ。ちづとあやねの初めて物語も青酸っぱくてとてもよろしかったです。
読了日:10月15日 著者:椎名 軽穂
キノの旅 14―the Beautiful World (電撃文庫 し 8-33)キノの旅 14―the Beautiful World (電撃文庫 し 8-33)
10周年おめでとうございます。あなたを幸せにするのは、最後はいつだってあなただ。この文言が示すとおりのプロローグ&エピローグで、非常に爽やかな読後感だったな。亡国の国、寄生虫の国が好きだったかな。
読了日:10月13日 著者:時雨沢 恵一
はい、こちら探偵部です (電撃文庫 に 5-1)はい、こちら探偵部です (電撃文庫 に 5-1)
なんとももやもやする読書感。不快ではないが、良くもなく。つまらなくはないが、絶賛するほどでは…と終始とらえきれない不可思議な読書体験だった。地の文はめんどくさいし、住職さん可愛いけど口調がアレだし、携帯探偵も素敵だけど…うーん。もやっとするなあ…。
読了日:10月13日 著者:似鳥 航一
みそララ 4 (まんがタイムコミックス)みそララ 4 (まんがタイムコミックス)
お仕事頑張ろう、と素直に思える素敵な作品。最後のエピソードで身に覚えはないもののお腹が痛くなってくるのはなんでなんだぜ? いや、ほんと、頑張らないといけませんよね…。ラブの雰囲気も出てきてニヤニヤするけど、個人的には髪を切った米子が可愛すぎて大変。お付き合いしてください。
読了日:10月13日 著者:宮原 るり
鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)
意外とセンチメンタルな背景があってびっくり。というか元のお姉ちゃんのキャラが強烈すぎてくらくらした(笑) 姉弟いちゃいちゃも堂に入ってきて早くも安定したかなあ、という感じなのは払拭して貰いたいところ。あとパッツンさんが外見だけはもの凄く好みで困る。
読了日:10月13日 著者:五十嵐 藍
小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫)小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫)
南井さんが女性に幻想を抱いていない、というか、黒くないお嬢様なんてこの世にいねーんだよクソがという強い意志を感じられる一作だった。空戦としてはもっと息苦しいものを期待していたので、そこは素直に残念。大槍さんのイラストは良い仕事をしていたと思います。うーん…どうも期待とは少し違う場所にはずれた作品だったなあ。残念だ。
読了日:10月07日 著者:南井 大介
空想オルガン空想オルガン
今回も切ない痛みを感じられる良作でした。そんな中、爽やかな読後を得られるヴァナキュラー・モダニズムがお気に入りかな。人の強い意思が現れた素敵な作品でした。今回は仲間集めというよりずっと大会だったので、短編を読み進めていくのに神経を使って体力が必要だったよ。彼らの残りの1年半に幸あれ。
読了日:10月07日 著者:初野 晴
刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)
のれんに腕押しというような仙人との禅問答のすえに答えを掴んだり迷ったりとのんびりした内容の割には大忙しな一冊。話的にもいよいよ終わりに近づいたのであと2冊を素直に楽しみにしたい。
読了日:10月07日 著者:西尾 維新,竹
猫物語 (黒) (講談社BOX)猫物語 (黒) (講談社BOX)
羽川がいかに気持ち悪いかということを重点に置かれ、阿良々木くんがどうして羽川を選ばなかったのかを長々と言い訳するような一冊だったなあ。しかし終盤のふたりの会話は切ない青春がぐっと詰まってて非常に良かったですよ。
読了日:10月07日 著者:西尾 維新
ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト カコランダム (ファミ通文庫)
少年少女に降りかかる三度目の変化。実に悪趣味で体力を削る展開ににやにやとすることしかできず、自分がどんどんふうせんかずらに近づいていくなあと気づいて苦笑するしかない。しかしやはり面白い。というか青木ほんとかっこいい。青木はかっこいいし、吹っ切れた唯もかっこいい。変えることの出来ない過去に対して、進んでしまった現在から立ち向かうふたりは本当に格好良かったですよ。ただ、伊織の話だけはうまく絡ませられてなかった印象でそこだけは残念かな。けど次の話が素敵そうでもうにやにやです。ああ、早くふうせんかずらになりたい。
読了日:10月02日 著者:庵田 定夏

読書メーター