読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

7月読書まとめ

ラノベ マンガ

漫画23冊、ラノベ4冊、その他5冊。驚くくらいラノベ読んでなかったらしい。そんな意識はないんだけどな…バスの移動時間にツイッター確認する癖がついちゃったからかな。修正しないと。というか今月はそんなに読んでないと思っていたので、月の日数を超えていたのに驚いた。

  • 今月の5冊

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)あめのちはれ 3 (B's-LOG COMICS)ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)こえでおしごと! 4 初回限定版 (ガムコミックスプラス)ベイビーステップ(13) (少年マガジンコミックス)
おお振りは敗戦をしっかりと描き、そこから次へ進むためのエネルギーを感じられるところが素敵。あめのちはれはいよいよ男女関係の倒錯が進み始めて目が離せなくなってきた。ドリフターズは問答無用の面白さ。首置いてけよ。こえでおしごともラブコメが走り出して非常に素敵。もっと赤面しろ。ベイビーステップは対荒谷戦がこれまでの全部を出し切る演出でめっちゃ燃えます。
ということで全部漫画になってしまった。ヴィークルエンドも面白かった。面白かったんだけどさ!
ということで以下収納。
7月の読書メーター
読んだ本の数:32冊
読んだページ数:4169ページ

僕は友達が少ない 1 (MFコミックス) (MFコミックス アライブシリーズ)僕は友達が少ない 1 (MFコミックス) (MFコミックス アライブシリーズ)
原作の非常に残念な部分をこれ以上ないってくらいに表現してて、実に素敵なコミカライズで良いです。ゴールデンエッグになったらパワーパフガールズになったりやりたい放題が素敵、もっとやって。というかギャルゲヱやってる肉はほんと残念の権化だな…。
読了日:07月29日 著者:平坂 読
魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3)魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3)
爽やか青春魔法格闘グラフィティとでも言えばいいのか、まあ、瑞々しい肉体と健康的な汗が目と心に優しい作品です。とりあえずガリューさんはそのポジションを僕と変わってください。あ、でもこのルーテシアの扱いちょっと分からないかも…アニメの頃と変わってないってそんな嘘ですよこんな…。残念になって…。
読了日:07月29日 著者:藤真 拓哉
鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)鬼灯さん家のアネキ (1) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-1)
アネキによる、姉萌え少年狙い撃ちのセクハラ攻撃が容赦なくて凄い。清々しいほどに直球。さらに変態な友人とか、後ろの席のクラスメイトとか絡んできてさらに面白くなったかな。そして最後の最後に出てきた新キャラにまた笑って、非常に良かったです。けどこれに萌えたら終わりかな!
読了日:07月29日 著者:五十嵐 藍
青空エール 5 (マーガレットコミックス)青空エール 5 (マーガレットコミックス)
告白まで終わらせちゃってどうするんだろうと思ったが、そうか、これは高校生活を描ききろうとしてるのか。凄いな…。というわけで焦点がより部活に、特に先輩後輩のあれやこれやに当てられて、当事者でもないのにはらはらとさせられてしまったよ。
読了日:07月29日 著者:河原 和音
金剛番長 12 (少年サンデーコミックス)金剛番長 12 (少年サンデーコミックス)
最終刊。いろいろあったが、ま、知ったことかということで、非常にきれいなエンディングでした。さくっとすかっと、非常に楽しめる作品でしたよ。お疲れ様でした。
読了日:07月29日 著者:鈴木 央
PSYREN-サイレン- 12 (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン- 12 (ジャンプコミックス)
決戦、研究所! ということで研究所の攻防がまるっと一冊。現代でまさかここまでのキレキャラが出るとは思わなかったが、よくよく考えたら現代にも割といたな。いやそもそもヒロインが(以下略)。雨宮アビスのヤンデレギレっぷりも凄いが、夜科の成長も止まるところを知らず素敵だったり不安だったり。
読了日:07月29日 著者:岩代 俊明
ヴィークルエンド (電撃文庫)ヴィークルエンド (電撃文庫)
うえおさんの主人公はどこか似てて、それは「届くか分からない何か」に向けてひたむきに進んでいる姿だと思うわけだけど、今回はそれすら思い違いであるとして、でも進んで行くんだというめちゃくちゃ強く熱い想いが込められていて、つまるところ非常に素晴らしかった。現状を肯定し、あらゆるものを利用し、そして決して止まらず進んで行く姿が熱かったですよ。
読了日:07月29日 著者:うえお 久光
小説家という職業 (集英社新書)小説家という職業 (集英社新書)
小説家をビジネスという視点で語るというのは森博嗣くらいしか語らないので非常に新鮮。過去に日記で読んでるけど、やはりまとめられると集中できていいな。もうちょっと読み込んで咀嚼したい一冊。
読了日:07月29日 著者:森 博嗣
創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)創るセンス 工作の思考 (集英社新書 531C)
森博嗣流工作論。トラブルは必ず起こる。問題はそれがどのような原因によるものかを捜査・理解できるかどうか。というあたりは、今のうちから心にとどめておきたい。
読了日:07月29日 著者:森 博嗣
学園キノ〈4〉 (電撃文庫)学園キノ〈4〉 (電撃文庫)
アニメに触発されて楽器を始め、それを作品として文章にする作家がいるらしい。ちくしょう、楽しかったから文句言えない!
読了日:07月29日 著者:時雨沢 恵一
WORKING!! 8 (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! 8 (ヤングガンガンコミックス)
小鳥遊くんと伊波さんが中心であることに代わりはないんだけど、それとは別に佐藤さんがかなりワグナリアの中心にいるなあと感じる一冊だった。誰と絡んでも面白い佐藤さん素敵すぎます。それにしても小鳥遊家の母は何者なんだろうか…。
読了日:07月29日 著者:高津 カリノ
GIANT KILLING(16) (モーニング KC)GIANT KILLING(16) (モーニング KC)
過去編の終了と、そこから繋がる現在と。笠野さんとタツミはどこか似てるので、二人揃って悪巧みしてるとほんと何が起こるのか分からなくて怖いね(笑)。そんな不明瞭な合宿の中、ドリさんの落ち着きと杉江の知性だけが和み要素だわ。まじで。
読了日:07月29日 著者:ツジトモ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (21)  ひかる宇宙編・前 (角川コミックス・エース 80-25)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (21) ひかる宇宙編・前 (角川コミックス・エース 80-25)
いよいよ最終決戦。アムロとララァの描写を見るに付けシャアが哀れになって仕方がないんだけど、そういう役回りなのはしょうがないのかな…。アムロと対峙するときだけ人間くさいよなあ、シャアは。そこが魅力なんかなあ。
読了日:07月29日 著者:安彦 良和
ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)
ナツ戦を経ての対荒谷戦。ナツ戦がどういった布石となって荒谷戦に活きてくるのか今は見えないけど、それでも十分に面白いからたまらない。互いの成長が素晴らしく、さらに一ゲームごとに成長していくエーちゃんを見てるだけで楽しいんだから、ずるいマンガだよ。それはそれとして巻末のウザップル爆発しろ。
読了日:07月29日 著者:勝木 光
こえでおしごと! 4 初回限定版 (GUM COMICS Plus) (ガムコミックスプラス)こえでおしごと! 4 初回限定版 (GUM COMICS Plus) (ガムコミックスプラス)
女子高生エロゲ声優が3人に増えるとかどこまで罪を重ねれば気が済むというのか。もっとやってください。というか増えた2人にしても、結局は柑奈を赤面させるための素材だもんなあ。恐ろしい。あと海津くんがいい人過ぎるのではやく幸せになってください。でもきっと海津くんもアナルスキーだからそこだけは気をつけてね!
読了日:07月29日 著者:紺野 あずれ
宙のまにまに(8) (アフタヌーンKC)宙のまにまに(8) (アフタヌーンKC)
安定感があって素直に楽しめる良作。修学旅行の姫はまあ、いつものことだなあという感じですが、今回は明野よりもフーミンといい感じになっている気がするよ朔ちゃん。
読了日:07月29日 著者:柏原 麻実
サマーウォーズ (3) (角川コミックス・エース 245-3)サマーウォーズ (3) (角川コミックス・エース 245-3)
大団円。ということで映画版を丁寧に活かしつつ多少のアレンジを加え、見事な終わりを見せてくれました。非常に良かったです。また映画を見たくなる、そんな素敵な作品でした。
読了日:07月27日 著者:杉基 イクラ
サマーウォーズ キング・カズマvsクイーン・オズ (1) (カドカワコミックスAエース)サマーウォーズ キング・カズマvsクイーン・オズ (1) (カドカワコミックスAエース)
映画より以前の、キングカズマの物語。カズマがこの先、いかにしてキングとなるのか。楽しみにしたい。
読了日:07月27日 著者:上田 夢人
夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 10 (花とゆめCOMICS)
「子どもの頃の知り合い」という、夏目にとっては恐ろしい相手に対しても多少の余裕と優しさを発揮できるようになった辺りに、夏目はほんと成長したなあと嬉しくなるね。そして名取との不器用コンビっぷりは相変わらずで、それはそれでにやにやしてしまう。
読了日:07月27日 著者:緑川 ゆき
ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)
生死の確証が曖昧な者たち「漂流物」と、必要とされた後に棄てられた「廃棄物」との物語。ってのはどうでもよくて、ヒラコーの考える歴戦の勇者ドンパチ大戦が見られるっていうんだからテンションがガチ上がりするってもんでしょう。豊久・信長・与一の日の本軍がこの先、いかにして機関と合流し、そして黒王と戦争をするのか。非常に楽しみです。それはそれとして相変わらずヒラコーの描く黒髪パッツンはレベルたけえ。
読了日:07月26日 著者:平野 耕太
織田信奈の野望 (GA文庫)織田信奈の野望 (GA文庫)
正しく織田信長の野望。これだけやるなら、ねねは男の娘にしたらよかったのに。2巻以降が面白いという話を聞いたので、続きもできるだけ早めに読んでみたいところ。
読了日:07月10日 著者:春日 みかげ
ふたりの距離の概算ふたりの距離の概算
氷菓のころのホータローだったら、暇だといってこんなことをしただろうか。そこに、1年分の成長が垣間見える気がして少し嬉しい。何も出来ない20キロとはいえ、人間を理解しようとする距離として果たして長いのか短いのか。素晴らしいタイトル、そして内容でした。
読了日:07月09日 著者:米澤 穂信
杏仁豆腐 イラストワークス ブリリアントアイドル杏仁豆腐 イラストワークス ブリリアントアイドル
表紙、春香も美希も涙ぐんでるのね。それだけでなんか幸せな気分になっちゃうよ。中身も過去のジャケットや公式絵に対して、ひとつひとつ杏仁豆腐さんのコメントが付いてて楽しく読めました。これからもアイドルマスターをよろしくお願いしますね!
読了日:07月08日 著者:杏仁豆腐
刀語 第8話 (8) (講談社BOX)刀語 第8話 (8) (講談社BOX)
中盤の締めというか、終盤への布石というか。否定姫や右衛門左衛門のストーリーを交えつつ、七花が過去の自分と決別をしたりと、なかなか締めるところは締めてて大事なお話だったな、という印象。残り4冊と言うことで、こうなったらアニメを待たずにサクサクと行きたいところ。
読了日:07月08日 著者:西尾 維新
あめのちはれ 3 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)あめのちはれ 3 (B's-LOG COMICS) (B’s LOG Comics)
男の子だから見えること、女の子だから見えること。それぞれを交互に折り重ねて人物に深みが与えられていく様は見事。このまま複雑な恋模様が描かれ出したらどうなっちゃうんだろうね、凄く楽しみ!
読了日:07月06日 著者:びっけ
ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
生き残った者たちのその後。トルフィンが再び立ち上がれるのはいつか、そして、クヌートのこれから進む道はいかほどのものか。ただただ楽しみである。
読了日:07月06日 著者:幸村 誠
おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)
おおきく屈み、そしてよりおおきく跳ぶために。負けてもまだまだ高校生活は続き、野球も続き、そして人生も続いていく。彼らがせめて後悔の少ない道を行けますようにと願わずにはいられないな…。あと、それはそれとして、花井をけしかけるときのモモカンは本気で怖いw
読了日:07月06日 著者:ひぐち アサ
ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
一枚一枚、針の付いた服を重ねていくように増えていく絶望感が何とも言えずキリキリさせてくるね。どうしようもない失望と絶望を抱え、最後の一文が本当に甘く恐ろしいことですね。
読了日:07月06日 著者:米澤 穂信
アマガミ 1―Precious diary (ジェッツコミックス)アマガミ 1―Precious diary (ジェッツコミックス)
絢辻さんの危なっかしさがよく出てるなあ、という感じの作品だった。いちゃいちゃは少なめなので、その辺はちょっと残念。クライマックスが入ってるであろう2巻に期待かな。
読了日:07月02日 著者:東雲 太郎
うさくんの脳みそやわらかい (DCEX) (電撃コミックス EX 138-1)うさくんの脳みそやわらかい (DCEX) (電撃コミックス EX 138-1)
にゃん天堂関係がだいたい面白くて好き。この表紙通りの奇怪さで、なんかしらんがいつの間にか癖になってるなあ。
読了日:07月02日 著者:うさくん
つるた部長はいつも寝不足 1 (MFコミックス) (MFコミックス フラッパーシリーズ)つるた部長はいつも寝不足 1 (MFコミックス) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
部長と保険医の食い違いっぷりが面白い。部長の妄想っぷりっと、内容の激しさとは段違いの進展の遅さが応援させる気になってくるね。
読了日:07月02日 著者:須河篤志
魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 1 (ノーラコミックス)魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 1 (ノーラコミックス)
小学生女児が剣豪のような目つきで斬った張ったを押し通すものすごいマンガだった。ムービーは完全にフェイト目線だったけど、こちらのマンガはなのはを描こうと苦心してるのが面白い。
読了日:07月02日 著者:都築 真紀

読書メーター