読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハコブロ

箱には無秩序に日常が投げ込まれているよブログ

6月読書まとめ

マンガ ラノベ

漫画17冊、ラノベ9冊。最後の方で更新をサボったのでちょっと少なめ。しかしラノベの数は先月と同じなので、なかなか頑張ったなという感じ。

  • 今月の5冊

弱虫ペダル 12 (少年チャンピオンコミックス)アマガミ Sincerely yoursシンシアリーユアーズ(1) (ファミ通クリアコミックス)ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)コップクラフト2 (ガガガ文庫)大正野球娘。 4 (トクマ・ノベルズ Edge)
弱虫ペダルは山頂リザルト争いが熱すぎてたまらない。そしてアマガミは橘さんの素晴らしすぎる紳士っぷりにこれまた胸熱。ココロコネクトは少年少女が全力でぶつかり合って傷つけ合ってそれでも前へ進む姿が最高すぎて今期ベスト間違いなし。コップクラフトは懐かしの賀東味で心安らぎ、大正野球娘。もやはり友情に恋に一生懸命なところが素晴らしかったです。野球はなかったけどね!
そんなこんなで以下収納。
6月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:3959ページ

大正野球娘。 4 (トクマ・ノベルズ Edge)大正野球娘。 4 (トクマ・ノベルズ Edge)
アニメからの逆輸入かな、という展開がちらほらと感じられるけど、相変わらずの面白さでした。野球は今回もなかったけど、非常に良かったです。友情に恋に、当時の女学生たちの必死な思いが切々と浮かんでいるようで、素直に頑張って欲しいと思えるようになっていたのは見事だと思います。しかし嫌われるキャラはとことん嫌われるなあ…桜以外の二人とか、高原とか。まあ、別にそのままでもいいけどね!
読了日:06月25日 著者:神楽坂 淳
コップクラフト2 (ガガガ文庫)コップクラフト2 (ガガガ文庫)
久しぶりに賀東さんの短編を読んでいるなあ、という感じのドタバタ劇に感動してしまった。新主任のジマーがほんと素敵。1本目は刑事ドラマというよりはバイオハザードって感じだったけどね。
読了日:06月25日 著者:賀東 招二
わ! 2 (ガンガンコミックスJOKER)わ! 2 (ガンガンコミックスJOKER)
誰も彼もが上手くいかない負のスパイラルが最高すぎる。(※個人の感想です)
読了日:06月22日 著者:小島 あきら
金剛番長 11 (少年サンデーコミックス)金剛番長 11 (少年サンデーコミックス)
クライマックス突入であっちもこっちも色々と大変。ツッコミ入れる場面を笑って過ぎ去りつつ楽しんでおります。それにしても卑怯番長はほんとかっこいいな、卑怯なことだぜ。
読了日:06月22日 著者:鈴木 央
はやて×ブレード 12 (ヤングジャンプコミックス)はやて×ブレード 12 (ヤングジャンプコミックス)
大山鳴動してなんとやらというか。結局は元鞘というそれだけのバカらしい話ではあるのだが、はやてにしても綾那にしてもうまいこと迷いが吹っ切れたようで何より。そして最後の神門VS柳生が非常に素敵で、いいラストだったなあとしみじみ。良かったです。
読了日:06月21日 著者:林家 志弦
刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)刀語 第七話 悪刀・鐚 (アクトウ・ビタ) (講談社BOX)
初めてとがめの奇策をお目にかかったなあ、という印象。しかし姉弟対決、切ない戦いだったね。本当に。
読了日:06月21日 著者:西尾 維新
妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 2 (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 2 (ガンガンコミックスJOKER)
「気づいてくれた」という言葉からにじみ出てくる喜び。この二人は互いに救いあっていたのだなと思うと胸が熱くなるな。
読了日:06月18日 著者:藤原 ここあ
妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス) 1 (ガンガンコミックスJOKER)
表紙から分かるが、太ももがやばい。藤原ここあの太ももにかける情熱は異常。もっとお願いします。僕っ子でメールだと丁寧で律儀でお優しい凜々蝶さまエロ可愛すぎる。
読了日:06月18日 著者:藤原 ここあ
純真ミラクル100% (4) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)純真ミラクル100% (4) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
大人たちがいろいろめんどくさいことになってて読んでるこっちは気が気じゃない。そんな中でモクソンだけが救いだったのに…もう平田ちゃんだけだな。平田ちゃんラブー。
読了日:06月18日 著者:秋★枝
ラブアレルゲン 1 (電撃コミックス)ラブアレルゲン 1 (電撃コミックス)
恋愛ラボとかぶるところは多いが、男女でやってるのが違ってて良い味をしてるね。そして間に挟まれるアキが可愛くて実によろしい。恋愛とはなんぞやという答えを是非見せて欲しいです。楽しみ。
読了日:06月18日 著者:あかほり さとる
ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)
最高。人が傷ついたり傷つけたりしながら、それでも前を向いて進んでいくおはなしが大好きです。というか稲葉の悩みはみんな多かれ少なかれ抱えてる事だろうし、そこら辺が人気の理由なんだろうな。僕も大好きですが。あとやっと青木に活躍の場があってよかったぜ。次巻以降のどこかで好意とか感情に手を出してくると思うので、そこら辺を凄く期待している。
読了日:06月17日 著者:庵田 定夏
乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
新キャラのパリヤさんも素敵なキャラだったが、やはりアミル・カルルク夫妻がとても素敵だった。受け継がれる文様など、この当時の文花が色濃く表されてて本当に素敵な作品。次巻はスミスの視点で別の場所へ移るということでそちらも気になる。今度は一体、どういう文花があるのかな。
読了日:06月15日 著者:森 薫
アマガミ Sincerely yoursシンシアリーユアーズ(1) (ファミ通クリアコミックス)アマガミ Sincerely yoursシンシアリーユアーズ(1) (ファミ通クリアコミックス)
橘さんの変態紳士っぷりが遺憾なく発揮されてて恐ろしい限り。このままヒロインは裏表のない素敵な絢辻さんのままでいくのかしら?
読了日:06月15日 著者:桜 小鉄
ちはやふる(9) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(9) (Be・Loveコミックス)
時が経ち、新一年生が入部。5人の関係が崩れてしまうのは仕方がないとはいえ寂しい、が、新一年生の二人ともが面白いキャラで今後どうなるか楽しみ。新二年生たちもそれぞれに目標を強く持ち始めたし、次の高校選手権が本当に楽しみ。
読了日:06月15日 著者:末次 由紀
君に届け 11 (マーガレットコミックス)君に届け 11 (マーガレットコミックス)
あやねがかっこいいし可愛いしで大変だし、龍と千鶴の二人も良いんだけど、やっぱり爽子とくるみ、そして爽子と風早の関係がいいな。最後のお話はなんでか分からないけど泣けてきてしまって大変だったぜ。ほんと良かったなあ、この二人。
読了日:06月15日 著者:椎名 軽穂
とある飛空士への追憶 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)とある飛空士への追憶 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
絶体絶命の空戦からひとときの息抜きまで。シャルルとファナ、それぞれの想いが切ない限り。
読了日:06月15日 著者:犬村 小六,小川 麻衣子
デュラララ!!×8 (電撃文庫)デュラララ!!×8 (電撃文庫)
チャットに新たなメンバーが増え、いよいよ新展開という雰囲気が強くなってきた。暗躍する大人たち、迷走する子どもたち、そしてかき回すぼっち…。新たな三すくみがどう混じり合うのかに期待です。あと最後のイラストは結局みんなに断られたって解釈でよろしいか。さすがぼっち過ぎるぜ…。
読了日:06月15日 著者:成田 良悟
くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)
ボーイミーツガールでチームでロボットでそこそこ適当で適度に熱血で良かった。面白かったよ。けど、オチの相手そっちなの? と思わなくはない。オチきれてない感じがするから続いて欲しいけど、どうなのかな。
読了日:06月10日 著者:木本 雅彦
ベイスタ流 (バンブー・コミックス)ベイスタ流 (バンブー・コミックス)
万永の可愛さは異常。どこを切り出してもベイスターズで時の流れに思わず涙する。ほんと監督変わってばっかだな…。
読了日:06月10日 著者:みずしな 孝之
みつどもえ 9 (少年チャンピオン・コミックス)みつどもえ 9 (少年チャンピオン・コミックス)
安定して笑えて実によい。一本目のふたばが可愛かったり、恨めしげに上目遣いするみっちゃんが実に可愛かったりするけど、やっぱ吉岡の家に行くときのひとはが一番かわいい。なんというかほんと、成長を実感して泣きそうになったよ。
読了日:06月08日 著者:桜井 のりお
弱虫ペダル 12 (少年チャンピオンコミックス)弱虫ペダル 12 (少年チャンピオンコミックス)
弱虫ペダルは俺を泣かせるために描かれてるんじゃないか、なんて思ってしまうほどに泣いた。やばかった。東堂と巻島のライバル関係が素晴らしすぎてどうしようもなかった。いやー…素晴らしい。しかし最初と最後は相変わらずあの人なのか(笑)。なんという存在感だ…。
読了日:06月08日 著者:渡辺 航
東京レイヴンズ1  SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ1 SHAMAN*CLAN (富士見ファンタジア文庫)
初あざの。ヒロインの変則的ツンデレが見事でニヤニヤが止まらない。1巻まるまるプロローグとは言ったもので、次巻からどのように物語がふくらんで行くのかが楽しみ。
読了日:06月07日 著者:あざの 耕平
360゜マテリアル 1 (マーガレットコミックス)360゜マテリアル 1 (マーガレットコミックス)
ゆるーい感じのラブストーリー。二人から漂ってくるちょうど良い感じの緩さが実に心地よいですし、緩いだけじゃないよって時々出てくるところも素敵です。隣の子がこれからどう絡んでくるかが気になりますなあ。
読了日:06月05日 著者:南 塔子
ハニカム 4 (電撃コミックス)ハニカム 4 (電撃コミックス)
なんか萌さんのウザさが薄れてヒロイン化してきたような…。というか今回、守時も鐘成もあんま目立たなかったな…悲しい。
読了日:06月05日 著者:桂 明日香
零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社ノベルス)
個人的最終巻。人間関係をくるっと包括した内容として受け取れるようになってて、さすがだなとうなる。最近の西尾さんらしい掛け合いで、非常にすっきりとさせてくれる一冊でした。そしてモテカワメイクが非常にかわいかったのでもう一度スピンオフを。なにとぞ!
読了日:06月04日 著者:西尾 維新
零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社ノベルス)
ああ、七々見の魔女ってそういう…。しかしいーちゃん出番ねえなあ。出たら出たでぼろくそ言われるだけだし。他人からみたいーちゃんってそういう感じだったのか、と新しい発見があった。「変わりたいと思う気持ちは自殺だよね」か、傑作だね。
読了日:06月04日 著者:西尾 維新

読書メーター